被害が増えている

急激に増えたハクビシン駆除

初めてハクビシンが日本にいると明確に調査が行われたのは1900年の半ばなのです。それくらい歴史が浅いものなのです。そしてハクビシンの個体数もそれほど多くなかったのですが、最近急激に増加しているのです。そのためにハクビシンが果樹園などを襲って、果物が食べられる被害が多く出ているのです。また人の家の屋根裏や床下などに住むものも多く、糞尿や臭いなどの被害も出ています。ハクビシン駆除の要望も多くなり、害獣駆除業者が駆除することが増えています。

害獣駆除業者に依頼する

ハクビシンの個体数が増えるにつれて、ハクビシン駆除の需要も増えているのです。ハクビシンはタヌキやアライグマのような小さなケモノとなります。夜行性なため、あまり見かけることが少ないと思います。でも夜のうちに果樹園を襲ったりして、農家の人たちに損害を与えているのです。このように被害を受けている人たちでも、ハクビシン駆除をすることができないのです。ハクビシンは鳥獣保護法で捕獲や駆除することが禁止されているのです。ですからハクビシン駆除をする場合には、免許を持った害獣駆除業者に依頼することとなるでしょう。ただその駆除も、どれだけの被害を被って、どのくらいの損害を与えられたかを提出しないといけないでしょう。